×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

髙砂神社能舞台竣工の御礼

 
 

拝啓   秋冷の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます

平素は格別のご厚情を賜り 厚く御礼申し上げます

さて、この度は「髙砂神社能舞台造替事業」に対しましては多大のご理解ご協賛を賜りまして 誠に有難く御礼を申し上げます

建設のためご協力いただきました各町氏子総代をはじめ 個人 会社 団体などの寄贈件数は九月二十日現在 661件を数え 総額35、758、000円のご浄財をご寄進賜りました

また「高砂に新しい能舞台を作る会」におきましては 高砂商工会議所を窓口にご支援ならびにご協賛をいただき お陰様をもちまして 総数は297件、総額58,370,000円の協賛金を頂戴いたしました

現在のご寄贈総額は94,128,000円となり 昨年の十一月一日に地鎮祭を執行起工し 本年五月二日に上棟祭を無事終え 九月十六日には台風一過の秋晴れのもと目出度く竣工式を終え 追って十月十九日(土曜日)には こけら落し公演として 第十七回高砂観月能も旧暦の名月が群雲に見え隠れし小雨も降るなか 井戸敏三兵庫県知事をはじめ約1000名の方々のご来臨を仰ぎ 真新しい能舞台で幽玄の世界がお披露目されましたことをここにご報告申し上げます

これも偏にご支援いただきました皆様方のお力添えの賜物と衷心より深く感謝申し上げます

今後とも変わらぬご厚情とご厚誼を賜りますようお願い申し上げ お礼の挨拶とさせていただきます 

誠にありがとうございました

                        敬具


                  平成25年10月20日


                        











※ 神社境内能舞台横のご寄進記念碑(銘盤)には、ご寄贈いただきました皆様方のご寄進名簿を掲載しておりますので 荘厳な新能舞台―神遊殿の雄姿に合わせご高覧下されば幸甚に存じます なお「高砂に新しい能舞台を作る会」との申し合わせ事項において 趣意書記載の一口-1万円ご寄贈者以上の方が対象となっておりますので あしからず予めご了解いただきますようお願い致します

                        

 

■工事経過報告


  地鎮祭

平成二十四年十一月  一日

基礎工事

平成二十五年 二月二十一日

足場仮設工事

平成二十五年 三月 十五日

土台工事

平成二十五年 三月 十六日

楽屋・鏡の間柱建て

平成二十五年 三月二十二日

舞台四方柱建て

平成二十五年 四月  五日

鏡板搬入 作家アトリエ

平成二十五年 四月二十三日

上棟祭

平成二十五年 五月  二日

舞台屋根葺き

平成二十五年 六月 十四日

工事用素屋根解体

平成二十五年 八月 十二日

外構工事・寄付名盤工事

平成二十五年 八月 三十日

鏡板設置

平成二十五年 九月  九日

電気設備取付

平成二十五年 九月  十日

木工工事完了

平成二十五年 九月 十一日

建築確認完了検査

平成二十五年 九月 十一日

全工事完了

平成二十五年 九月 十三日

竣功式

平成二十五年 九月 十六日


第17回高砂観月能開催

平成二十五年  十月    十九日



高砂神社 GALLERY pagehttp://www.eonet.ne.jp/~takasagojinja/

 

髙砂神社能舞台−神遊殿 完成

髙砂神社 宮司 小松守道

髙砂神社能舞台建設実行委員会

高砂に新しい能舞台を作る